「過去のプログラミング・シンポジウムの記録」へ戻る


第1回 〜 第5回

第1回(1960)

A. サブルーチン(関数近似を含む)

1. 大型計算機用関数近似についての一つの試み                   山内二郎 1
2. 山内の報告に対する討論                                    渋谷政昭 28
3. 関数の関数をn回微分するためのサブルーチンと
   エルミット多項式Hk(x)のサブルーチン     
                                                   戸田英雄, 山内二郎 30
4. エラトステネスのふるいによる素数の計算について            新井克彦 45
5. ブロック・ダイヤグラム・シミュレータ                      田村康男 51
6. Session Aの討論                                                    63

B. 線形計算及び固有値
1. 行列の固有値                                              島内武彦 67
2. 島内に対する討論                                          松谷泰行 79
3. 行列計算の自動プログラミング                              島内武彦 89
4. 線型計算(連立一次方程式, L.P.)                            鈴木誠道 93
5. Session Bの討論

C. 高精度計算
1. 一二の慣用計算におけるNumerical Instabilityについて
                                                            宇野利雄 121
2. 行列式その他のexact calculationに対する新方法
                                                  高橋秀俊, 石橋善弘 132
3. Session Cの講演要約及び討論                                       151

D. 自動プログラミング
1. ALGOLの文法                                              森口繁一 155
2. FACOM-202に使用されるAutomatic Coding Routineについて
                                                  井上謙蔵, 金光良衛 178
3. SIS: Symbolic Interpretive System for IBM 650-653,
     Real and Complex Arithmetic
                                                             竹下 享 193
4. Session Dの講演要約

E. 特別な問題のプログラミングの成果報告
1. 巡回差集合による直交配列表の生成に関する問題について   池野信一他 203
2. Quineの問題に関するCubing Algorithmについて              藤野精一 221
3. 数学の証明の計算機による実験のためのプログラミング        高須 達 235
4. U.L.の簡単なformulaの機械によるmoofの作成について      杉林益太郎 243
5. LKの証明プログラミング                                   島内剛一 251

後記

第2回(1961) A. 論理設計 1. PC-2におけるオーバー・フローの取扱いについて 後藤英一 A-1 2. 浮動小数点計算における絶対値最小の非零数について 桂重 俊, 高橋 理 A-7 B. 自動プログラミング 1. 算法言語ALGOL 60 清水留三郎 B-1 2. MUCE SYSTEMについて 菅 忠義, 関本彰次, 魚田勝臣 B-39 3. NEAC-2203のALGOL Compiler 竹中靖 B-57 4. 最近のProblem Oriented Languageについて 今村茂雄 C. 関数近似 1. 関数近似の基本理論 宇野利雄 C-1 2. 多項式による最良近似法の定式化 山下真一郎 C-9 3. tan π/4 x の分数式近似 坪井定一 C-35 D. 標準問題 1. 標準問題-----第一分科会の中間報告 E. 自由課題 1. On an application of the pushdown technique 藤野精一 E-1 2. 算術の問題を解くプログラム 清水辰二郎 E-18
第3回(1962) A. 論理設計と自動プログラミング 1. 自動プログラミングにおけるsyntactic analysis 高橋秀俊 A-1 2. 論理設計と自動プログラミング 高橋 茂 A-17 3. ALGOL 60のcompiler 中島勝也, 藤野喜一, 小島惇 A-33 4. M1BのAUTO CODE 1について 池野信一 A-72 B. 関数近似および誤差の問題 1. 関数近似と誤差の問題 平野菅保 B-1 2. 有理関数近似の一様最良化について 山内二郎 B-13 3. 2次の近似式について 一松 信 B-29 4. 定積分計算における誤差評価 高橋 理, 猪苗代勉 B-37 5. Unnormalized Floating演算 春海佳三郎, 大内 進 B-43 C. データ処理 1. IBM7070のおけるBusiness UseのProgram Systemについて 西木俊彦, 松谷泰行 C-1 2. CHIEF (UNIVAC III のExecutive Routine)について 前田英明 C-24 D. モンテカルロ法 1. 各種の分布をもつ乱数の生成 渋谷政昭 D-1 2. モンテカルロ法による捩り応力の計算 石井威望, 岡村弘之, 新谷尚義, 多田敬子 D-23 3. いくつかの型の偏微分方程式のモンテカルロ法による解法とその実験報告 樋口一雄, 高橋利元 D-41 4. モンテカルロ法による多重積分の計算 津田孝夫 D-61 5. モンテカルロ法による線型計算 高橋磐郎 D-71 E. 自由課題 1. 神経のモデルの数値計算 高田 勝, 清水留三郎 E-1 2. Pattern Recognitionのための一つの試み 小松彦三郎 E-11 3. 算術を解くプログラム 清水辰二郎, 守本 浩 E-33 4. 記号処理と定理の機械的証明 高須 達 E-43
第4回(1963) A. データ・プロセッシング 1. データ処理理論の展望 関根智明, 刀根 薫 A-1 B. 自動プログラミング 1. モニター・システム 佐藤泰夫 B-1 2. モニター・システムについて 吉村鉄太郎 B-3 3. ALGOL 60 Compilerのarrayとprocedureの取扱い 井上謙蔵, 高橋秀知, 寺崎公子 B-17 4. LOUPについて 門倉敏夫, 吉川 B-35 5. HARP 103 島田正三, 高橋延匡, 吉村一馬, 中田育男, 高須昭輔 B-55 6. Self-Compiler 西村真一郎 B-65 C. 微分方程式他 1. 双曲型偏微分方程式の安定な陰伏的数値解について 丸木五一, 柴垣和三雄, 藤野精一 C-1 2. 電子銃の設計において現れた楕円型偏微分方程式の初期値問題 米田英一, 沢山美彦 C-13 3. Biharmonicsのある種の境界値問題のモンテカルロ法による解法とその実験 樋口一雄, 高橋利之 C-25 4. 常備分方程式の数値解法に関する三つの着想 森口繁一 C-33 D. 近似関数 1. linesのcurve fittingについて 山元洋治郎 D-1 2. 多変数関数の多項式近似 一松 信 D-37 3. ベッセル関数の近似公式 宇野利雄, 永坂秀子 D-43 4. 奇関数の一様最良多項式近似の折りたたみ計算法 山内二郎 D-52 E. 自由課題 1. 経済的負荷配分計算 猪苗代勉, 高橋理, 木村正行 E-1 2. 統計計算のライブラリー・プログラムについて 松谷泰行 E-31 3. 文章で表された算術を解くプログラム(続) 清水辰二郎, 杉林益太郎 E-37 4. 証明のプログラミング 西村敏男 E-44 5. 電子計算機による学習管理 村田晴夫 E-46 6. 計算機による作曲の試み 大槻説乎 E-49 7. BTLの音波合成コンパイラ 藤村 靖 E-53 8. マイクロプログラム制御計算機 萩原 宏 E-57 9. 汎用大型電子計算機のInstruction systemについて 村田健郎 E-62
第5回(1964) S1. システムプログラム-1 1. PROGRAM GENERATOR "PREMAP" 和田英一, 原田睦明 S1-1 2. NKモニタによる技術計算の運営 石田康勝 S1-13 3. Accounting Routineの例 米田英一, 吉村鉄太郎 S1-16 4. monitor systemのinstallationにおけるmodification 山下倶弘 S1-19 5. モニターについて 渡辺昭雄 S1-21 6. HITAC 5020ソフトウェアシステム 5020 モニタ 高橋延匡, 松岡潤, 氏家一彬 S1-29 HARP 5020 中田育男, 高須昭輔, 稲富 彬 S1-55 HISAP 5020 酒井博敬, 原田昌孝, 三橋荘一郎 S1-64 7. モニターシステムについて 関根智明, 鈴木 正, 山崎利治 S1-79 O. オペレーションズリサーチ 1. Omegaについて 佐藤浩一 O-1 2. PERT/COSTとPROMOCOM 小野勝章 O-13 3. シミュレーション用言語について 関根智明, 反町洋一, 園部昭夫 O-37 F. 自由課題 1. 計算機による漢字合成の試み 有山正孝, 藤村 靖 F-1 2. 数学の証明のプログラム 島内剛一 F-5 S2. システムプログラム-2 1. Compilerの作製について 島内剛一, 駒木悠二, 広瀬 健, 森谷瑞枝 S2-1 2. HIPAC101のCompiler 浦部雍子 S2-6 3. OKITAC 5090Hの命令構成とその応用 長谷川誠一, 町原 英, 真田克彦 S2-16 4. OKITAC 5090 Compiler 上原一矩, 滝川 洋, 鍋谷正秋, 美勢預一, 中江康史 S2-25 5. COBOL 61 Extendedの紹介 大駒誠一 S2-44 6. 命令の使用頻度の調査について 矢島敬二 S2-64 7. アセンブラ 西村恕彦 S2-72 8. Cobolコンパイラについて 和田英一 C. センターの運営・教育 1. 企業における計算センターの運営について 魚木五夫 C-1 2. 計算センターの運営について 森口繁一 C-4 N. 数値解析 1. 函数近似について--特に近似公式の選択について-- 一松 信 N-1 2. 一般の次数のBessel関数の一計算法 二宮市三 N-22 3. 数値微分について 宇野利雄 N-30 4. 連立1次方程式のGauss-Seidelの解法の1改良案について 高橋 理, 富田真吾 N-36 5. 置換群の既約表現行列とスピン固有函数の計算について 桂 重俊 N-46 6. ある種の非線型常微分方程式の境界値問題数値解法 高田 勝 N-52 7. 静電界のSynthesis E* 門倉敏夫, 山本 浩 N-71 8. 正規分布に関する近似関数 山内二郎 N-107

「過去のプログラミング・シンポジウムの記録」へ戻る